島根若者紹介~自給自足生活~前編

はじめまして!

徳島出身香川在住の「すの」と申します。

今回は河野 成祥(こうの・なるゆき)さんへの取材を記事にさせていただきました。

2週にわけて私と若者図鑑の「なりさん」の2人でお届けします!

【大学まではよくいる学生、今は和職工房の主】  

大阪出身のなるさん。  

就活中に「行きたくない企業に勤めてもなあ」と思い自転車で日本をひとまわりした後、  

ご親戚とも縁があった島根県吉賀町柿木村に住むことを決心。  

「和職工房」を設立し、現在はかきもち製造&狩猟などで自給自足生活をしている。

(すの)どこ?!ってなりました。気になった方はぜひ地図で調べてみてください!山が出てくるので

【人生の失敗は死ぬこと、自給自足は生きること

 とりわけ「狩猟」は、生き物をより身近に感じる。  

狩った動物の命は本来ちゃんと使ってあげなければ

報われない。  

なので、肉や毛皮、骨など使えるものはできるだけ全て使うように努める。  

大変だけど、

生きている実感が持てる。

今の生活スタイルのそういうところが好き。  

あと、いくらお金がなくなっても自給自足できていれば死ぬことはない。

(すの)極端なようでしっかりと地に足が着いている…

上手く表現するのは難しいけれど「現代人から薄れかけている、生物の根本的な精神」的なものを強く持たれている印象を受けました。

【突っ切ったもの勝ち】  

就職した人は、そこにいるだけでも最悪お金が貰える

その点、今の生活は就職よりも厳しい道。

 「安定したところに就職しろ」とか。

周りからの反対はもちろんあった。  

でも他の人と違うことをやるときそれは当然で、そこで折れるならその程度。  

自給自足の生活がしたいと思って、何と言われようとその意志を持ち続けてきた。  

だからここまで来られた。  

決して「楽をしよう」という思いでこの道を選んだのではないのです。

(すの)いわゆる「社会のレールから外れる」ような、

他の大多数とは異なる選択をするのは相当な覚悟が必要です。

なるさんは自分の強い意志を貫いて「突っ切れた人」です。

【まとめ】

非常に刺激を受けた取材でした!

生き方は本当に人それぞれですが、

こんな生き方もあるんだと思い視野が広りました。


私の自給自足レベルはほぼ0で、

せいぜい「手打ちパスタを作る」ぐらいに留まっているので、

もう少し上げて「生きている実感」を得ていきたいです。

小麦から作るとか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です