中国縦断日記⑥~みんな大好き兵馬俑~

北京を鈍行で出発し洛陽を通り

日本人もよく知ってる

「兵馬俑」に向かいます。

日本の教科書に必ず乗ってる兵馬俑

昔の中国の王などの死者を埋葬する際に兵士や馬の人形を死者の周りに大量に置く

ビジュアルがすごいアレなやつです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出た!!!!!THE教科書通り!

現在は8000体も発見されているとのこと!

スゴイ数!

でもね。本当にすごいのはね。。。

これ、、、

存在が判明したというか

発見されたのが

1974年です!!!!!!!!

割と最近!!!!!!!!!

中国というのは広いからね

未だに発見されてないものもたくさんあると思う。

兵馬俑は人形が飾ってあるだけと思っていましたが

これは皆さん行くべきです。

この数と迫力は写真ではわからない。

なんでこんなのが教科書に載っていたんだって思ってましたが

これだけの規模の人形が大量に見つかるって相当すごいんだと思う。

ちなにみ、この兵馬俑を発見した住民の人はいまだにご健在。

兵馬俑の展示場の前で自慢話をしたりするらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真で伝わらないのがもったいない!

発見までの経緯や発掘作業の工程などが

図で分かりやすく説明されていたので

僕たち日本人でも十分楽しめる施設でした。

ここも中国人観光客がめちゃくちゃいました。

中国の歴史というより、迫力目当てできてる感じでしたが。。。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です