広島若者紹介~青春は人それぞれ!新田くん来んのんかい!!!!

どうも!がくざんまいです!

甲子園って青春ですよね。

いっぱい練習して、絆を深めて、優勝する

これぞ青春。

でも、青春っていろんな形があるんだなって思った話です。

今回紹介するのは『湯来南高校野球部』です!

まずは記事を読んで欲しい。

マジで凄い記事だから(ガクが読んだ記事の中でトップ3に入る驚愕記事)

山奥の高校で気づいた野球の目的 部員ゼロからの再出発

https://vk.sportsbull.jp/sp/koshien/articles/ASM6V46FQM6VPITB00N.html

https://vk.sportsbull.jp/sp/koshien/articles/ASM6V46FQM6VPITB00N.html

【簡単に説明】

→小阪君1人の野球部。顧問は強豪校でコーチもしていた小山監督。

→帰宅部の新田君を入れる。入部理由『暇だったから』

→小阪君と新田君はウマが合う!さあ試合だ!

→人数が足りないので100キロ離れた福山商業と連合チーム

→新田君体調不良で欠席!

→福山商業も欠席者がいて人数が足りないので相手チームから部員借りる!

→試合終了!

この記事はツッコミどころが多いのですが

記事の冒頭部分で「新田君が休み」ということをさらっと書くし

記事の写真をクリックしたら、写真の説明で「相手チームから部員を借りた」って書いてあるし

全部読み終えた後に

「新田君休んだんかいッ!!!!!!!!」ってめちゃくちゃ大声でツッコミたくなる記事です

まあ、ここまでは冗談だとして

ここから真面目な話。この記事は

いわゆる

「昔ながらの日本の教育の終わる瞬間」だと考えます

就任から1年が過ぎたある時。「声を出すよう強制されたり、丸刈りにさせられたり。何の意味があるんですか」。生徒から反論され、ハッとした。

目の前の試合を勝つことに必死だった強豪校時代から一転、山奥の小さな高校で少ない部員と接する中で気がついた。野球の目的は「勝つ」だけではなく、「楽しんで」「成長する」ことにあると。

山奥の高校で気づいた野球の目的 部員ゼロからの再出発 | バーチャル高校野球 | スポーツブル (sportsbull.jp)

勝たなきゃ意味がない

厳しい指導でやりがいを感じる

これも正しいのかもしれません。

でも「野球」自体を楽しむのであれば、

決して厳しい指導はいらないのではないのでしょうか?

野球の目的は勝つことですし

勝つために一生懸命になることで楽しさが見えてきます

でも野球自体を楽しむのも悪くないのでは?

この話は野球だけではありません。

どのスポーツにも、いや人生や社会にも言えることかもしれませんよ。

そう考える深い記事だと思います。

新田君や小阪君は今何してるんだろう。。。

会って取材してみたかった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です