たのかんさあ-未知なる鹿児島図鑑④

鹿児島県は本州の最南端ということもあり、独自の文化が目立つ。

未知なる鹿児島の実態に迫る!

 

インタビュアー:ももか

鹿児島県のゲスト:鹿児島県の大学生ちーず

 

鹿児島県独自のものを聞く

鹿児島独自のものはありますか?

そうですね。何があるかなあ

 

自分の県独自の物ってなかなか分かりにくいですよね。他県に無いものだと思っていないので。

そうですね。例えば、「たのかんさあ」って分かりますか?

 

え?なんと?

「たのかんさあ」です

 

ちょっと分からないです。沖縄の方言っぽいですが

「たのかんさあ」というのは「田んぼの神様」のことで、鹿児島から宮崎あたりに伝わっているのです。

 

たのかんさあとは?

知らないかったです!神社に祭られているとか?

いえ、田んぼの近くに置いてあります。

 

置いてある?

はい。こんな感じです。

え?すごい特徴的。町に置いてあるんですね。

はい。鹿児島は結構な頻度で見られますよ。また、昔田んぼがあったところにそのまま置いてある場合も多く、住宅街にたくさん「たのかんさあ」があることも!

 

これ。県外の人が見たらビックリしますよね。

「たのかんさあ」はそれぞれ形や表情が違っていて、見て回るだけでも楽しいです。

 

たのかんさあ参考

薩摩藩の農業政策?えびの「田の神さあ」巡りが面白すぎる | 宮崎県 | トラベルjp 旅行ガイド (travel.co.jp)

 

全く見たことがないです。県が違うだけでこんなに違うんですね。

まだまだありますよ!次回はサワーポメロについてです!

 

サワーポメロとは!?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です