日本にもナスカの地上絵が!?銭形砂絵!

今日紹介するのは

香川県観音寺市にある

「銭形砂絵」です。

あまり知られてないかもしれませんが、

迫力抜群、インスタ映え抜群です。

実際に行ってみるとその迫力に圧倒されます。

なんと周囲345mもあるのです。

かなり巨大です。

こんなにも巨大で迫力があるのにも関わらず、テレビで紹介されることもあまりないですよね。

一度は行ってみるべきです!

そしてこの銭形砂絵のすごさは大きさだけではありません。

・1633年に一夜で作られた

・年2回のボランティア活動で維持

すごいですよね。

ボランティアで成り立っているんです。

写真からも分かるように

海のすぐそばで海風も直撃します。

町民の皆さんの力で維持しているそうです。

これからの若者図鑑で紹介する理由。

それは、、、

単に若者向けのインスタ映えするスポットだからではなく、そのボランティア精神を感じて欲しいという理由です。

あれだけの大きさをボランティアで、、、

考えただけで、そのすごさが伝わるかと。

これからの時代

ボランティア精神って重要になってくると思います。

この銭形砂絵砂絵も

世の中の冷たい人からすると

「なぜそんなものを維持しないといけないの?なぜボランティアでやらないといけないの?やる理由がない」という感じなのでしょうか。

人との繋がりが薄れている世の中だからこそ

ボランティア精神というのは大切になってくると思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です